永久脱毛が体に悪い!?副作用やトラブルまとめ

永久脱毛は基本的に体に悪い作用はない!

レーザーによる永久脱毛をすると、皮膚ガンなどの病気になるという噂を聞いたことがあるかもしれません。しかし、永久脱毛は基本的に副作用がないので心配する必要はありません。レーザー光は皮膚表面から3ミリ程度の深さまでしか届かないので体の内部に悪影響を与える事はありません。脱毛に用いられるレーザー光は赤外線に近いもので、皮膚ガンの原因となりうる紫外線とは周波数がまったく違いますので、心配ありません。日本医学脱毛協会によれば、永久脱毛後のほうが、自己処理時よりも肌トラブルは減少するといいます。

永久脱毛による副作用

クリニックでおこなう永久脱毛は、脱毛効果が高く一度施術を完了すればむだ毛のケアもしなくてすみます。しかし永久脱毛で使用するマシンは、脱毛効果が高い分パワーがとても強いので副作用が気になる人もいます。
実際に永久脱毛をおこなう時の副作用として多いのが施術後の赤みです。レーザーを照射するとレーザーが黒い毛に反応するので、皮膚が炎症をおこすこともあります。特に肌が弱い人や肌が白い人は赤みがでやすくなるので気をつけてください。赤みは一時的なものなので、時間がたつと元の肌に戻ります。
他にも施術後にブツブツとしたニキビのようなものができることがあります。これは毛膿炎と言いますが症状がひどい場合は飲み薬や塗り薬で炎症をおさえます。
レーザーが肌に過剰に反応すると火傷をする危険性もあります。施術前に医師の注意をしっかり守ることが大事ですが、万が一火傷をした場合は医師が治療をしてくれるので安心です、

永久脱毛で汗が増える?

永久脱毛をしても、基本的に汗が増えることはありません。
人によって増えたと感じたり、逆に減ったと感じる方もおり、勘違いであることが少なくありません。
永久脱毛をするとワキ汗が増えることでワキガが重症化するという口コミも聞かれますが、大半の方はワキガが軽減したと答えています。
脱毛の副作用として臭いが強くなるという話も聞かれますが、実際は弱くなることのほうが圧倒的に多いです。
ムダ毛が減れば蒸れが軽減するので、デオドラント剤の効果もアップします。

永久脱毛で起こる肌トラブルとは?

脱毛をして肌を美しくさせる為に受ける永久脱毛で肌トラブルが起こってしまっては大変です。永久脱毛の方法として、光レーザーを使用したり、ニードルを使用したりする方法があります。施術によって、熱を感じる施術もありますが、乾燥肌の方や敏感肌、アトピー肌のような肌の弱い方はカウンセリングの段階でしっかりと肌状況について相談をするようにしましょう。永久脱毛はアフターケアが大切です。例えば、光レーザーを使用する施術の場合、冷却が十分に行われないと赤みが残ったり、火傷のような状態になってしまうこともあります。もしも施術後に肌に違和感を覚えるようんであれば、治療を受けたクリニックに相談をして、肌を見てもらうようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です